高脂血症は、自覚症状がないまま進行し、突然、脳卒中や心筋梗塞のような命に関わる深刻な病気を引き起こす怖い病気です。

血液中のコレステロールや中性脂肪が増えてしまうと、血管の内壁に脂質が沈着してしまい、動脈硬化を引き起こす状態をつくり出します。この状態が高脂血症といわれるものです。これが動脈硬化にまで悪化してしまうと、血管を硬くし、血流が悪くなるだけでなく血液自体も粘着性の強いものとなり、脳や心臓の血管を詰まらせ、脳梗塞や心筋梗塞といった深刻な病気を引き起こしてしまうのです。

そこで、高脂血症からこれらの病気を引き起こさないためにも、自分で体内のコレステロールや中性脂肪を管理していく必要があります。

高脂血症になる原因は、遺伝的なものもありますが、不規則な食事や偏食といった食生活の乱れ、深酒やタバコの吸いすぎ、ストレスの蓄積といった日常生活の乱れにある場合が少なくありません。特に喫煙は、そのまま動脈硬化を引き起こす要因としても上げられているため、要注意です。また、肥満の中で内蔵肥満と呼ばれるものについても、動脈硬化との関連が指摘されています。

高脂血症かどうかの診断は、血中の総コレステロールと悪玉コレステロール値、中性脂肪値、善玉コレステロール値を測定し、それぞれの血清脂質の値を出して行われます。

高脂血症と診断されたら、きちんと治療しなけばなりませんが、治療には長い時間がかかるため、日頃から予防を心がけることが大切です。

予防としては、まず食生活の改善が有効です。規則正しい食事を心がけ、脂物や塩分を控え、食べ過ぎにより肥満体質になるのを避けます。また、生活習慣の改善も効果的です。十分な睡眠をとり、適度な運動を心がけ、深酒などは避けるようにします。また、ストレスをためないようにして、喫煙は止めるようにしましょう。

高脂血症と診断されたら、積極的に治療に向き合うことが大事です。高脂血症の治療は、通常二段階に分けて行われ、第一段階では目標数値が決められ、食事と運動による治療が行われます。これで改善されない場合は、薬による治療へと移ります。薬剤には、高脂血症のタイプをみて、コレステロール値を下げる薬と中性脂肪値を下げる薬が使い分けられます。